ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 予防接種 > 新型コロナワクチン接種について > 新型コロナウイルスワクチン接種証明について

ここから本文です。

更新日:2022年8月17日

新型コロナウイルスワクチン接種証明について

新型コロナウイルスのワクチン接種を公的に証明する書類

 新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(電子版)

概要

日本政府が公式に提供する新型コロナウイルス感染症予防接種証明書を取得できるアプリです。

アプリの詳細はデジタル庁ホームページ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)をご覧ください。

マイナンバーカード(個人番号カード)の手続きについて(別ウィンドウが開きます)

接種証明書(電子版)の発行ができない方

下記に該当する方は接種証明書(紙版)を申請してください。

  • マイナンバーカードをお持ちでない方
  • スマートフォン(iOS13.7以降もしくはAndroidOS8.0以降かつNFC-TypeB対応)をお持ちでない方
  • DV被害者等、情報の取り扱いに配慮が必要な方
  • 接種記録がVRS(ワクチン接種記録システム)に登録されていない方
  • 旅券(パスポート)以外の渡航文書で海外用の接種証明書を請求される方

問い合わせ先

デジタル庁

内容:新型コロナワクチン接種証明書アプリに関するお問い合わせ

デジタル庁問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

内容:接種証明書の一般的・制度的事柄に関するお問い合わせ

電話番号:0120-761-770(フリーダイヤル)

受付時間:午前9時から午後9時まで(土日・祝日も実施)

ページの先頭へ戻る

 新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(紙版)

対象者

芦屋市から接種券を発行され新型コロナウイルス感染症予防接種を受けた方で、二次元コードが表示された紙の証明書が必要となる方。

接種証明書の発行対象とならない方

  • 予防接種法にもとづく予防接種を受けていない方
  • 接種日時点で芦屋市に住民票がない方※1
  • 海外在留邦人等向け新型コロナワクチン接種事業で接種を受けた方※2
  • 在日米軍従業員接種により接種を受けた方※3
  • 治験により接種を受けた方※4

※1接種日時点で住民票があった自治体で証明書の発行手続きをしてください。1回目接種時と2回目接種時で住民票のあった自治体が異なる場合は、自治体ごとにそれぞれ証明書の発行手続きが必要です。

※2予防接種法にもとづく接種ではないため、自治体で証明書を発行することはできません。海外在留邦人等向け新型コロナワクチン接種事業で接種を受けた方の証明書は外務省(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)で発行しています。

※3予防接種法にもとづく接種ではないため、自治体で証明書を発行することはできません。在日米軍従業員接種により接種を受けた方の証明書は防衛省(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)で発行しています。

※4予防接種法にもとづく接種ではないため、自治体で証明書を発行することはできません。治験により接種を受けた方の証明書は厚生労働省(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)で発行しています。

手数料

当分の間、無料

接種証明書の種類

  • 日本国内用接種証明書
  • 海外用及び日本国内用接種証明書

接種証明書(見本)(PDF:237KB)(別ウィンドウが開きます)

申請に必要な書類

※「海外用及び日本国内用接種証明書」の申請時のみ必要な書類です。「日本国内用接種証明書」の申請時は不要です。なお、有効期限が切れている場合、接種証明書は発行できません。

接種済証(見本)(PDF:436KB)(別ウィンドウが開きます)

接種記録書(見本)(PDF:475KB)(別ウィンドウが開きます)

郵送で申請する場合

上記の「申請に必要な書類」に加えて下記の書類が必要です。

  • 本人確認書類(返送先住所が記載されている旅券(パスポート)・マイナンバーカード・運転免許証など)の写し
  • 返信用封筒(切手を貼り付け、返送先住所を記載してください)

代理人が申請する場合

上記の「申請に必要な書類」に加えて下記の書類が必要です。

※同居のご家族であっても必要です。

旅券に旧姓・別姓・別名を使用している場合

上記の「申請に必要な書類」に加えて下記の書類が必要です。

  • 旧姓・別姓・別名が確認できる書類(旧姓併記のされたマイナンバーカード、運転免許証、戸籍、住民票、別名・別姓の記載のある外国の旅券など)の写し

申請・交付方法

窓口で申請する場合

芦屋市呉川町14番9号
芦屋市保健福祉センター3階
保健センター

<業務時間>
月曜日~金曜日:午前9時~午後5時30分(国民の休日、年末年始(12月29日~1月3日)は除く)

  • 証明書の入力・確認作業が必要なため、窓口で即時発行はできません。
  • 接種事実の確認が困難な場合には、1・2か月程度、お時間をいただくことがあります。

郵送で申請する場合

〒659-0051
芦屋市呉川町14番9号
芦屋市保健センター
ワクチンパスポート担当あて

  • 接種事実の確認が困難な場合には、1・2か月程度、お時間をいただくことがあります。

電話番号:0797-31-0655

ページの先頭へ戻る

 新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(紙版)コンビニ交付

利用できる方

国内用

マイナンバーカードをお持ちの方

海外用

マイナンバーカード及び旅券(パスポート)をお持ちの方

海外用接種証明書を発行するためには、令和4年7月21日以降に芦屋市保健センター又はスマートフォンの新型コロナワクチン接種証明書アプリで海外用接種証明書を発行している必要があります。

※コンビニエンスストアではパスポート番号等の入力ができません。

必要なもの

  • マイナンバーカード
  • マイナンバーカードを取得した際に設定した利用者証明用電子証明書の暗証番号(数字4けた)

発行料

証明書1通当たり120円(消費税及び地方消費税相当額を含む)

返金・交換について

コンビニ交付で発行した証明書については、印刷不良の場合を除き、発行後の返金には対応できません。
マルチコピー機の操作は内容をよく確認して行ってください。

利用可能時間

午前6時30分から午後11時まで。
土曜日、日曜日、祝日もご利用できます。
※システムメンテナンス等によるシステム停止日はご利用できません。

発行が可能なコンビニエンスストア

  • セブン-イレブン
  • セイコーマート等

対象となるコンビニエンスストア等に関する最新の情報は厚生労働省ホームページ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)をご確認ください。

ページの先頭へ戻る

新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時)

接種券の右側が「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時)」になっています。ワクチン接種後に接種情報を記入してご本人にお渡しします。

接種済証(見本)

予防接種済証には、「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時)」と記載されていますが、これは予防接種法に基づく臨時接種として行われていることを示しているものであり、『正式な予防接種済証が別に交付されるまでの臨時的なもの』という意味ではありません

ページの先頭へ戻る

新型コロナワクチン接種記録書

医療従事者及び高齢者施設等の従事者で、接種券付き予診票を用いて接種した方の証明に利用することができます。

接種記録書(見本)(PDF:475KB)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

内容:接種証明書の一般的・制度的事柄に関するお問い合わせ

電話番号:0120-761-770(フリーダイヤル)

受付時間:午前9時から午後9時まで(土日・祝日も実施)

 

 

お問い合わせ

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

芦屋市新型コロナワクチンコールセンター
電話番号:0797-31-0655
ファクス番号:0797-31-1018

ページの先頭へ戻る