ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 予防接種 > 子宮頸がん予防ワクチン(HPV)キャッチアップ接種について

ここから本文です。

更新日:2022年4月1日

子宮頸がん予防ワクチン(HPV)キャッチアップ接種について

  • 平成25年4月1日より定期接種となりました、子宮頸がん予防ワクチン(HPV)ですが、平成25年6月14日に厚生労働省の通知により、副反応の発生頻度等が明らかになるまでの間、積極的な勧奨を見合わせることになりました。
  • その後、子宮頸がん予防ワクチン(HPV)の安全性について、接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ると認められました。また、令和3年11月26日に厚生労働省健康局長の通知により、平成25年6月14日の通知を廃止し、当該見合わせを終了させることが妥当とされました。
  • また、積極的勧奨の差し控えにより接種機会を逃した方に対しては、公平な接種機会を確保する観点から、時限的に、従来の定期接種の対象年齢を超えて接種を行なうこと(キャッチアップ接種)となりました。
  • 子宮頸がん予防ワクチン(HPV)の接種にあたっては、接種による有効性と副反応が起こるリスクについて医療機関で説明を受け、十分に理解したうえで受けるようにしてください。
  • 接種される前に、子宮頸がん予防ワクチン(HPV)接種について、改めてご理解いただくために、「HPVワクチンの接種を逃した方に接種の機会をご提供します(PDF:1,516KB)(別ウィンドウが開きます)」もあわせてご参照ください。
  • 今後、新たな国の動きや情報があれば、ホームページ等でお知らせしますのでご確認ください。

対象年齢

平成9年4月2日から平成18年4月1日生まれの女性

対象期間

令和4年4月1日から令和7年3月31日まで

接種回数、接種間隔

  • サーバリックス(2価ワクチン)

3回接種が必要です。

1か月の間隔をおいて2回接種した後、1回目の接種から6か月の間隔をおいて1回。

ただし、やむを得ず接種間隔の変更が必要な場合は、1か月以上の間隔をおいて2回接種した後、1回目の接種から5か月以上、かつ2回目の接種から2か月半以上の間隔をおいて1回。

サーバリックス説明書(PDF:83KB)(別ウィンドウが開きます)

  • ガーダシル(4価ワクチン)

3回接種が必要です。

2か月の間隔をおいて2回接種した後、1回目の接種から6か月の間隔をおいて1回。

ただし、やむを得ず接種間隔の変更が必要な場合は、1か月以上の間隔をおいて2回接種した後、初回2回目の接種から3か月以上の間隔をおいて1回。

ガーダシル説明書(PDF:816KB)(別ウィンドウが開きます)

接種を中断された方や交互接種の取扱いについて

  • 子宮頸がん予防ワクチン(HPV)を過去に1回又は2回接種した後、接種を中断し、3回接種のスケジュールを最後まで完了していない方についても、1回又は2回接種した後の接種間隔にかかわらず、キャッチアップ対象者となります。
  • 接種は初回からやり直すことなく、残りの回数の接種(2、3回目又は3回目)を行ないます。
  • 残りの回数の接種を行なう場合は、従来どおり、標準的な接種方法をとることができない場合の間隔となります。
  • 原則、過去に接種歴のある子宮頸がん予防ワクチン(HPV)と同一の種類のワクチンを使用することとしますが、過去に接種した子宮頸がん予防ワクチン(HPV)の種類が不明である場合は、キャッチアップ接種を実施する医療機関の医師と被接種者とで十分に相談した上で、接種する子宮頸がん予防ワクチン(HPV)の種類をご選択ください。この場合、結果として、異なる種類の子宮頸がん予防ワクチン(HPV)が接種される可能性があるため、ワクチンの互換性に関する安全性、免疫原性及び有効性等についても、医療機関にてご確認ください。

費用・持ち物

  • 費用:無料
  • 持ち物:母子健康手帳

実施医療機関(個別接種)

定期予防接種実施医療機関について(子どもの予防接種)(別ウィンドウが開きます)

市が定期予防接種を委託している医療機関で実施しています。接種の際は事前にご予約をお願いします。

相談窓口

子宮頸がん予防ワクチン(HPV)接種後に気になる症状や学校生活等についての総合相談窓口を常設しています。

相談窓口

相談例

電話番号

衛生部門

(健康福祉部感染症等対策室感染症対策課)

接種後、時々頭痛があるが、副反応か?

078-362-3264

教育部門

(教育委員会事務局体育保健課)

症状があり、通学や学習に不安がある。

078-362-3789

子宮頸がん予防ワクチン接種後に生じた痛みの診療

子宮頸がん予防ワクチン(HPV)接種後の副反応(主として痛み、しびれ、脱力など)について被接種者とそのご家族に対して適切な医療を提供するための診療体制が整備されています。相談窓口の開設や、協力医療機関についての詳細は、以下の厚生労働省ホームページをご覧ください。

協力医療機関での受診を希望される場合は、子宮頸がん予防ワクチン(HPV)の接種を受けた医療機関で接種後の症状について受診をお願いします。その後、当該医療機関の医師から協力医療機関へ紹介する手続きとなります。

厚生労働省ホームページ(ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関について)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

備考

市外で定期予防接種を受ける場合の手続きについて(子どもの予防接種)(別ウィンドウが開きます)

芦屋市以外の市町村で定期予防接種を受ける場合は事前に手続きが必要ですので、ご注意ください。

リンク先

お問い合わせ

こども・健康部健康課(保健センター)

電話番号:0797-31-1586

ファクス番号:0797-31-1018

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る