ホーム > 防災・安全 > 消防 > 知識・予防 > 飛沫防止用シートの火災予防について

ここから本文です。

更新日:2020年9月17日

飛沫防止用シートの火災予防について

飛沫防止用シート設置の注意点について

大阪府内の商業施設において、ライターを試しに点火したところ、飛沫防止用シートに着火する火災が発生しました。設置する場合は、次のことに注意してください。

ポイント1 火気や熱を発する機器から距離をとっていますか?

コンロなどの火気や白熱灯のような照明器具からは離して設置しましょう

ポイント2 火災感知器やスプリンクラーから離れていますか?

正常な動作の妨げになります。

ポイント3 避難の障がいになっていませんか?

火災の際に避難の支障にならないよう注意してください

ポイント4 必要以上に設置していませんか?

可燃物の量を減らして火災リスクを減らす

ポイント5 燃えにくい素材のものを選んでいますか?

難燃・不燃性のあるものや防炎品をおすすめします

ポイント6 板状のものですか?

フィルム状のものに比べて燃え広がりにくいです

「飛沫防止用シート」の火災に注意!

設置に際して不明な点がありましたら、消防本部予防課へ相談してください。

 

飛沫感染防止シート

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

消防本部予防課予防係

電話番号:0797-32-2345

ファクス番号:0797-32-0119

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る