ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 高齢者福祉 > 認知症高齢者の見守り・SOSネットワーク事業

ここから本文です。

更新日:2018年3月1日

認知症高齢者の見守り・SOSネットワーク事業

認知症高齢者の見守り・SOSネットワーク事業について

このSOSネットワークは、認知症により道に迷ってしまうなど行方不明になる可能性のある方などを、警察や高齢者生活支援センターと情報共有を行ない、行方不明となった場合には、市内の高齢者生活支援センターや介護保険事業所などの見守り・SOSネットワーク協力員にメールを配信し、早期に発見できるよう取組むものです。

見守りSOS全体図

事前登録について

  • 登録申請できる方

 本人又は家族

  • 登録申請できる場所

 芦屋市高齢介護課もしくは高齢者生活支援センター

  • 登録に必要なもの

1.事前登録申請書(高齢介護課又は高齢者生活支援センターに置いてあります。)

登録申請書(PDF:92KB)(別ウィンドウが開きます)

登録申請書(記載例)(PDF:124KB)(別ウィンドウが開きます)

2.印鑑

3.写真(顔写真及び全身が写っているもの)

4.本人確認書類(本人及び申請者)

行方不明になった場合

1警察署へ連絡

芦屋警察署生活安全課(0797-23-0110)に捜索願を出し、その際、芦屋市が実施する「芦屋市認知症高齢者の見守り・SOSネットワーク事業」に登録していることをお伝えください。

2情報の発信

芦屋警察署から芦屋市に情報提供がありましたら、家族等に「高齢者見守り・SOSメール」の送付について同意の確認の電話をし、同意をいただけましたら、芦屋市から協力員に「高齢者見守り・SOSメール」を送付します。

3発見・保護した場合

見守り協力員が発見した場合は、芦屋警察署生活安全課(23-0110)に連絡します。

本人を発見もしくは自力で帰宅した場合は、芦屋警察署生活安全課に連絡した後、速やかに芦屋市(38-2044)に連絡をください。

見守り協力員にメールで発見、保護の連絡を行ないます。

 

お問い合わせ

福祉部高齢介護課高齢福祉係

電話番号:0797-38-2044

ファクス番号:0797-38-2060

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る