ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 高齢者福祉 > あしや認知症ほっとナビ(芦屋市認知症ケアネット)

ここから本文です。

更新日:2018年9月1日

あしや認知症ほっとナビ(芦屋市認知症ケアネット)

あしや認知症ほっとナビ

「あしや認知症ほっとナビ」では、どのような状態のときに、どのような支援が受けられるのか、知っておきたい相談窓口や、地域のサービスなどを紹介しています。
認知症かもしれないと不安になっている方や、認知症と診断された方、介護しているご家族の方など、認知症とともに生きる全ての人たちが、安心して暮らし続けられるようにご活用ください。

なお、本ページの内容につきましては、冊子より抜粋したものを掲載しています。

「あしや認知症ほっとナビ」は、平成30年9月20日より市役所21番窓口や高齢者生活支援センター等で配布しています。また、左記の画像からダウンロードすることもできます。

認知症とは?

脳の部位画像

認知症はだれもがなり得る脳の病気です。また、簡単に表現するならば、いろいろな原因で脳の機能が衰えていく状態です。

2025年には65歳以上の高齢者のうち5人に1人、80歳以上の4割以上が認知症になると言われています。

認知症にはいくつかタイプがあり、原因となる病気によって症状が異なります。前頭葉や側頭葉に委縮があると、物事の判断や気持ちの抑制などの働きが低下する場合があります。

また、多くの人が誤解されているのが、「認知症になるとすべての能力が失われる」というものです。確かに言葉が出にくくなったり、場所や人が分からなくなる場合もあります。しかし、これらには個人差があり、困ることや苦手なことは人それぞれです。認知症とともに生きる人に限ったことではありませんが、個別性があることを理解する必要があります。

脳の部位

機能

頭頂葉

空間の位置関係を把握したり、熱さや冷たさ触覚などの感覚を司る

後頭葉

見たものを分析したり、視覚を司る

側頭葉

言葉を理解したり、嗅覚や聴覚を司る

前頭葉

注意や行動などの理性や思考、創造性などを司る

 

相談したい

高齢者生活支援センター位置画像

お住まいの地域を担当している高齢者生活支援センターがあります。

高齢者生活支援センターは地域の身近な認知症に関する相談窓口です。認知症に関するさまざまな悩みをひとりで抱え込まないために存在しているセンターです。

また、認知症は高齢者に多い病気ですが、若い人でも発症することがあります。64歳以下で発症した場合には、「若年性認知症」と呼ばれています。若い人が認知症を発症すると仕事や子育てに影響が出て高齢者にはない困難が生じることがありますので、早めに下記の相談窓口にご相談ください。

お住まいの地域の高齢者生活支援センター(認知症相談センター)について(別ウィンドウが開きます)

体を動かしたい

介護予防・認知症予防のポイントとして、1)適度な運動、2)自宅に閉じこもらない、3)きちんと食べる、と言われています。

芦屋市ではストレッチ体操やヨガ、水浴訓練等を集会所や福祉センター等で開催しています。

さわやか教室について(別ウィンドウが開きます)

暮らしの彩り

だれかとちょっと話したい。もし、あなたがお住まいの地域の身近にだれかと少しお話しできるところ、ふらっと立ち寄れるところ等をお探しであれば、「つどい場」や「居場所」と呼ばれる場を一度訪ねてみてください。あなたの新しい「憩いの場」になるかもしれないません。

詳細は各地区を担当している地域支え合い推進員(生活支援コーディネーター)にお問い合わせください。

担当地区

担当

電話番号

山手小学校区

アクティブライフ山芦屋

0797-25-7681

朝日ヶ丘・岩園小学校区

あしや聖徳園

0797-32-7552

潮見中学校区

あしや喜楽苑

0797-34-9287

精道中学校区

エルホーム芦屋

0797-35-8341

市内全域

芦屋ハートフル福祉公社

0797-34-6711

 

安心して暮らすために

現代は「契約社会」といっても過言ではありません。私たちのふだんの暮らしの中は、新聞、携帯電話、介護サービス利用等の契約があふれています。

そのため、認知症の進行によっては計算能力や判断能力が衰えた場合の備えが大切です。

生活や財産を守るための制度や専門の相談窓口が設けられていますのでご活用ください。

相談先

内容

芦屋市社会福祉協議会

介護保険などの福祉サービスを利用するには、自分で福祉サービスを選び、契約しなければなりません。
判断能力に不安があるため上手に福祉サービスを選ぶことが出来なかったり、利用料をきちんと支払うことが難しい方をサポートをしています。

芦屋市権利擁護支援センター

芦屋市から委託を受けた高齢者・障がいのある人の権利擁護に関する総合相談窓口です。虐待、消費者被害、財産、金銭管理、成年後見制度の利用等の相談を受けています。

芦屋市消費生活センター

悪質商法や契約などの消費生活に関するトラブルについて、ご相談をお受けしています。専門の相談員が、解決に向けてアドバイスをしたり、情報提供を行ないます。

もっと認知症について学びたい

認知症の人とその家族にとって、認知症を正しく理解してくれる人が居るのは心強いものです。オレンジリング

現在、認知症のことを学び正しい理解のもと、日常生活の中で、認知症の人を見守るために、認知症の人に対する地域の応援者を養成する認知症サポーター養成講座という取り組みが全国で展開されています。

認知症サポーター養成講座(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

共に生きる家族の方へ

認知症の人は、ご自身で「何かが違う」と最初に気づき、不安を感じていらっしゃいます。

「認知症の人は失敗することが多いから」という理由で、周囲の人がご本人の役割を取り上げてしまうと、ご本人の自信を失くすことにつながりかねません。

難しくなったことをサポートし、できることはご本人にしてもらうことが、生きがいのある生活につながります。認知症とともに生きる人にとって、一緒に認知症に向き合ってくれる人、共に歩んでくれる人がそばにいることは何よりの励みになります。

認知症の人をささえる家族の会あじさいの会

認知症のご本人を支える家族の会があります。認知症の人を支える介護者と関係者がつどい、経験や情報を分かち合いながら、お互いを励まし助け合えるよう、毎月第3月曜日(祝日の場合は第2月曜日、8月はお休み)にお話し会を開催したり、会報を発行しています。

認知症の人をささえる家族の会あじさいの会(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部高齢介護課高齢福祉係

電話番号:0797-38-2044

ファクス番号:0797-38-2060

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る