ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 障がい者福祉

ここから本文です。

更新日:2021年5月8日

障がい者福祉

  1. お知らせ
  2. 市民の皆さんへ
  3. 事業所の皆さんへ
  4. ボランティア団体・関係団体・事業所
  5. 普及啓発
  6. 法律・条例・障害福祉計画

1.お知らせ

(1)芦屋市障がいを理由とする差別のない誰もが共に暮らせるまち条例が施行されました

令和3年1月より、「芦屋市障がいを理由とする差別のない誰もが共に暮らせるまち条例」が施行されました。

ガイドブックを作成しました

「障がいを理由とする差別ってなに?」

法律や条例で定められている、障がいを理由とした差別である「不当な差別的取扱い」及び「合理的配慮の不提供」のこと、また、合理的配慮の提供について記載しています。

(市内民間事業者のみなさんへ)障がいのある人への合理的配慮の提供を支援します

市内の民間事業者が、点字メニューの作成や筆談ボードなど、合理的配慮の提供を行う場合、その費用の一部を助成する「合理的配慮提供支援助成事業」を創設しました。

(2)新型コロナウイルス感染症関連情報

新型コロナウイルス感染症関連情報(社会福祉施設・事業所の皆さんへ)

新型コロナウイルス感染症関連情報(障がい福祉関係)市民の皆さんへ

(3)芦屋市障がい福祉ポータルサイト「あしやねっと♪」

幼児期から高齢期までに必要となる行政サービスのご案内や事業所・団体の紹介、イベント情報などを発信するポータルサイトです。

「あしやねっと♪」(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭に戻る

2.市民の皆さんへ

障がい程度別該当事業一覧

3.事業所の皆さんへ

ページの先頭に戻る

4.ボランティア団体・関係団体・事業所

5.普及啓発

(1)啓発冊子を作成しました

障がいについての理解を深めるために啓発冊子を作成しました。

ページの先頭に戻る 

6.法律・条例・障害福祉計画

(1)障がい者虐待の防止

平成24年10月1日より「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律」が施行されました。

(2)芦屋市心がつながる手話言語条例

手話への理解の促進等に関し基本理念を定め、市及び市民並びに事業者の責務を明らかにするとともに、手話に関する施策を総合的かつ計画的に推進することにより、だれもが地域で支え合いながら安心して暮らせる地域社会を実現するため、条例を制定しました。

(3)障がい福祉に関するアンケート調査結果

芦屋市では、令和3年4月からスタートする「芦屋市障害者(児)福祉計画第7次中期計画及び芦屋市第6期障害福祉計画・芦屋市第2期障害児福祉計画」の策定のため、令和2年2月に障がい者手帳所持者の中から無作為抽出をした1,420人の方にアンケート調査を実施いたしました。いただいた回答により、調査結果をまとめましたので、内容をお知らせいたします。

この結果につきましては、「芦屋市障害者(児)福祉計画第7次中期計画及び芦屋市第6期障害福祉計画・芦屋市第2期障害児福祉計画」の策定作業の中で、参考にしていきたいと考えています。

内容については以下のPDFファイルによりご覧いただけます。

【令和2年2月実施アンケート調査の報告書】

【平成29年1月実施アンケート調査の報告書】

芦屋市第5期障害福祉計画策定に係る意向調査報告書(PDF:1,555KB)(別ウィンドウが開きます)

 

ページの先頭に戻る

お問い合わせ

福祉部障がい福祉課 

電話番号:0797-38-2043

ファクス番号:0797-38-2178

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る