ここから本文です。

更新日:2020年7月27日

医療助成

自立支援医療(精神通院・更生医療・育成医療)

自立支援医療制度は、心身の障害を除去・軽減するための医療について、医療費の自己負担額を軽減する公費負担医療制度です。

詳細は各ページをご覧ください。

障害者医療費・高齢障害者医療費助成

詳細は地域福祉課福祉医療係ページへ(別ウィンドウが開きます)

後期高齢者医療費制度

詳細は保険課後期高齢者医療係ページへ(別ウィンドウが開きます)

特定疾患(難病患者)医療費助成

原因が不明で治療方法が確立していない疾患のうち、国・県が指定した疾患について、医療の確立・普及を図り、患者の医療費負担を軽減することを目的として、医療費を公費負担します。

指定難病医療費助成

対象者

下記リンク先の「指定難病病名一覧表」をご確認ください。

厚生労働省ホームページへ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

様式

詳細は兵庫県ホームページへ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

または問い合わせ先へ直接お問い合わせください

小児慢性特定疾患治療研究事業

対象者

下記リンク先の「対象疾病一覧」をご確認ください。(令和元年7月5日版)

小児慢性特定疾病情報センターホームページへ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

様式

詳細は兵庫県ホームページへ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

または問い合わせ先へ直接お問い合わせください

県単独特定疾患治療研究事業

対象者

【対象疾患名】

突発性難聴

ネフローゼ症候群

悪性腎硬化症

様式

詳細は兵庫県ホームページへ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

先天性血液凝固因子障がい等治療研究事業

対象者

対象疾患に罹患されている20歳以上の方。(血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症については年齢制限なし)

対象疾患

第1因子(フィブリノゲン)欠乏症、第2因子(プロトロンビン)欠乏症、第5因子(不安定因子)欠乏症、第7因子(安定因子)欠乏症、第8因子欠乏症(血友病A)、第9因子欠乏症(血友病B)、第10因子(スチュアートプラウア因子)欠乏症、第11因子(PTA)欠乏症、第12因子(ヘイグマン因子)欠乏症、第13因子(フィブリン安定化因子)欠乏症、VonWillebrand(フォン・ヴィルブランド)病、血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症(ホームページの構成の都合上ローマ数字が使用できませんのでアラビア数字で表記しています。ご了承ください)。

詳細は兵庫県ホームページへ(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

問い合わせ

芦屋健康福祉事務所

電話番号:0797-32-0707

ファクス番号:0797-38-1340

〒659-0065芦屋市公光町1番23号

 在宅重症心身障害児(者)訪問看護支援事業

在宅重症心身障害児(者)訪問看護支援事業の詳しいページへ

 重度身体障害者(児)訪問リハビリ利用料助成支援事業

重度身体障害者(児)訪問リハビリ利用料助成支援事業の詳しいページへ

お問い合わせ

福祉部障がい福祉課障がい福祉サービス係

電話番号:0797-38-2043

ファクス番号:0797-38-2178

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る