ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 障がい者福祉 > 事業所の皆さまへ(障がい福祉サービス)

ここから本文です。

更新日:2021年4月16日

事業所の皆さまへ(障がい福祉サービス)

 

 共通事項

各種サービス共通様式等を順次掲載予定です

過誤申し立て

月末までの提出で翌月再請求が可能です。提出書類は、①過誤申立書、②該当の請求明細書、③実績記録表の正誤写し※(正)が作成できない場合は省略可能

過誤申立書(兵庫県様式)(エクセル:54KB)

契約内容報告書

利用者と契約を締結し、サービスの利用を開始する際には契約内容報告書を速やかに提出してください。

またサービスを終了・変更する際にも同様に提出してください。

契約内容報告書(様式第26号)(エクセル:19KB)

利用者負担額上限管理

利用者負担額がある方については、各事業所間にて上限管理事業所を決定し、利用者負担額上限額管理事務依頼(変更)届出書(様式1号)を提出してください。

利用者負担上限額管理事務依頼(変更)届出書(様式1号)(エクセル:70KB)

事故報告

事業所内において、事故が発生した場合は事故報告書を速やかに提出してください。

重大な事故等、対応が必要な場合は報告書提出の前に速やかに連絡してください。

事故報告書(兵庫県様式)(エクセル:65KB)

 重度訪問介護

1.重度訪問介護の(熟練ヘルパー)同行支援加算の申請について

申請方法

下記を参照し、事前に担当の計画相談員へ申請資料一式(写し)を情報提供して下さい。

申請について(必ずお読みください)(PDF:95KB)(別ウィンドウが開きます)

提出期限

利用を開始する月の1か月前

申請様式

 就労継続支援

  1. 施設外就労

(参考資料)施設外支援・施設外就労に関する要件確認表(エクセル:32KB)

様式(就労継続支援)

 

 在宅支援(就労継続支援、就労移行支援)

令和3年4月1日より、就労系障がい福祉サービス(就労移行支援、就労継続支援A型・B型)においては、利用者の方が在宅支援を希望し、支給決定する自治体が在宅利用での支援の効果が認められると判断した場合に、在宅でのサービス利用が可能となりました。

在宅支援を希望される場合は、下記通知を必ず確認の上、必要書類の提出が必要です。

就労系サービスにおける在宅支援について(令和3年4月16日芦屋市事務連絡)(PDF:106KB)(別ウィンドウが開きます)

提出期限

  • 申請 利用を開始する前々日まで
  • 報告 サービス提供月の翌月10日まで

様式(在宅支援)

 

お問い合わせ

福祉部障がい福祉課障がい福祉サービス係

電話番号:0797-38-2043

ファクス番号:0797-38-2178

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る