ホーム > 市政 > 施策・計画 > 行政改革 > 行政改革2カ年実施計画 平成12年度取り組みの結果について

ここから本文です。

更新日:2020年4月1日

行政改革2カ年実施計画 平成12年度取り組みの結果について

平成12年度の改善額を報告します

市では、平成11年2月に「芦屋市行政改革大綱(見直し編)」を策定し、それに基づいて「事務事業の見直し」、「財政の効率的運営」、「組織・要員等の見直し」の3項目を大きな柱とする「行政改革2カ年実施計画」(平成11年度・12年度)に取り組んでまいりました。

平成12年度の実績報告がまとまりましたので、概要をお知らせします。

平成12年度の行政改革の成果

項目名

項目数

区分

収支見直し額

事務事業の見直し

109

当初計画

27億9,300万円

実績額

23億1,800万円

差引額

-4億7,500万円

財政の効率的運営

24

当初計画

6億2,100万円

実績額

14億6,900万円

差引額

8億4,800万円

組織・要員等の見直し

20

当初計画

4億9,100万円

実績額

5億1,400万円

差引額

2,300万円

合計

153

当初計画

39億500万円

実績額

43億100万円

差引額

3億9,600万円

主な改善取り組み項目の状況

国民年金保険料口座振替通知

平成12年度から年12回発送していた口座振替通知書を年1回の発送としました。

市税等の歳入の確保

市税滞納金、国民健康保険料滞納金などの徴収の強化のため管理職員等を動員し徴収しました。

ごみ再資源化の促進

平成12年7月からペットボトルの分別収集を行っています。

市庁舎電話交換業務民間委託

平成12年4月1日から民間業者に委託しています。

市有財産の有効活用

私有地の処分及び有効活用を図りました。

さらに詳しい内容は、下記のPDFファイルでご覧いただけます。

行革2カ年12年度実績報告(PDF:73KB)(別ウィンドウが開きます)

今後の行政改革の取り組み

震災から6年が経過し、震災関連事業もこれから大詰めの時期に差しかかります。今後第3次総合計画に掲げられている施策・事業を推進していくため、昨年11月に策定した「第3次芦屋市行政改革大綱」に基づいて「緊急3カ年実施計画」を見直しするなかで、新たな行政システムの構築に努めていきます。

市民の皆さまのご理解とご協力をお願いします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画部マネジメント推進課 

電話番号:0797-38-2172

ファクス番号:0797-31-4841

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る