ホーム > 市政 > 施策・計画 > 行政改革 > 行政改革緊急3カ年実施計画 平成13年度取り組み結果について

ここから本文です。

更新日:2020年4月1日

行政改革緊急3カ年実施計画 平成13年度取り組み結果について

平成13年度の改善額を報告します

本市では、平成12年11月に「第3次芦屋市行政改革大綱」を策定し、それに基づいて「柔軟でスリムな行政システム」、「市民との協力による行政システム」、「主体性を発揮できる行政システム」の具体化を大きな柱とする「行政改革緊急3カ年実施計画」(平成13年度~平成15年度)に取り組んでまいりました。

平成13年度の実績報告がまとまりましたので、概要をお知らせします。

平成13年度の行政改革の成果

項目名

項目数

区分

収支見直し額

柔軟でスリムな行政システム

47

目標額

13億9,100万円

実績額

17億6,400万円

差引額

3億7,300万円

市民との協力による行政システム

13

目標額

-400万円

実績額

-100万円

差引額

300万円

主体性を発揮できる行政システム

8

目標額

-1,000万円

実績額

-500万円

差引額

500万円

合計

68

目標額

13億7,700万円

実績額

17億5,800万円

差引額

3億8,100万円

主な改善取り組み項目の状況

職員定数の見直し

普通会計ベースで33人を減員しました。

給与水準の抑制

三役及び教育長の給料・手当等を減額しています。また課長級以上職員の管理職手当等を減額しています。

補助金・委託料の見直し

団体補助金の見直しを行ないました。また公社・財団等への業務内容を再検討し経費の節減を図っています。

使用料・手数料の見直し

保育所保育料、高校入学金・授業料、幼稚園入園料・保育料、建築確認手数料の見直しをしました。

市有財産の有効活用

処分可能な市有地について公募により売却しています。

さらに詳しい内容は、下記のPDFファイルでご覧いただけます。

行革改革13年度実績報告(PDF:266KB)(別ウィンドウが開きます)

今後の行政改革の取り組み

今後、第3次総合計画に掲げられている施策・事業を推進していくため、平成12年11月に策定した「第3次芦屋市行政改革大綱」に基づいて「行政改革実施計画」を見直しするなかで、新たな行政システムの構築に努めていきます。

市民の皆さまのご理解とご協力をお願いします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画部マネジメント推進課 

電話番号:0797-38-2172

ファクス番号:0797-31-4841

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る