ホーム > 市政 > 施策・計画 > 行政改革 > 行政改革の取り組み状況をお知らせします

ここから本文です。

更新日:2020年4月1日

行政改革の取り組み状況をお知らせします

市では、平成15年10月に「行政改革実施計画」を策定し、4年間で財政再建の目途を立てることを基本に行政改革に取り組んできました。その結果、15年度から17年度までの3年間では、各年度いずれも計画額を上回る実績をあげてきました。また、これまでの取組を継続することにより、平成18年度以降の10年間で約315億円の効果額を見込んでいます。

今回は、現時点での平成18年度から27年度までの「行政改革実施計画」の内容についてお知らせします。

市民の皆さまの一層のご理解とご協力をお願いします。

基本方針

  • 徹底した内部努力を行ないます
  • 施策、行政水準の見直しを行ないます
  • 民間活力の導入を積極的に推進します
  • 財源確保を積極的に行ないます
  • 説明責任を果たします
    具体的な実施に当たっては、市民、議会、職員等に十分説明し、理解と協力を求めながら進めます。進捗状況を広報あしや、ホームページなどで公表します。

平成17年度は目標額を大きく上回りました

 

平成15年度

平成16年度

平成17年度

計画額

8億2,700万円

10億4,600万円

29億9,800万円

実績

12億3,700億円

14億7,100万円

43億8,400万円

平成18~27年度10年間で約315億円削減

徹底した内部努力(10年間で168億円削減)

  • 経常経費の節減等 10億円
  • 電子計算組織等の運用の見直し 15億5,480万円
  • 職員定数の見直し 92億7,600万円
  • 給与水準の抑制 47億8,700万円
  • 特別職等の給与等減額 1億4,781万円
  • 文書事務の合理化の推進 1億 111万円(増加)
  • 人事評価システムの導入 3,833万円 (増加)
  • 水道事業の経営健全化 2億1,667万円
  • 人材育成基本計画の策定
  • 職員の意識改革、組織の活性化

施策、行政水準の見直し(10年間で84億円削減)

  • 補助金の見直し 7,996万円
  • 国際交流協会補助金の見直し 1億5,000万円
  • CATV広報チャンネル制作の見直し 2億7,506万円
  • イベント、フォーラム等の整理 1,045万円
  • 扶助費の見直し
    市福祉金、奨学金、医療助成制度等 22億6,663万円
  • ハートフル福祉公社の見直し 1億5,999万円
  • 資源ごみ集団回収報奨金の見直し 7,144万円
  • ごみ収集体制等の見直し 3億7,756万円(増加)
  • 道路公園等維持管理費の見直し 5億842万円
  • 特定優良賃貸住宅補助の見直し 1億3,697万円
  • 図書館運営の見直し 6,655万円
  • 富田砕花顕彰事業の見直し 4,629万円
  • 下水道会計への繰出しの見直し7億1,284万円
  • その他特別会計への繰出しの見直し6億8,337万円
  • 水道企業会計への繰出しの見直し1億5,595万円
  • 病院経営の見直し30億1,224万円
  • 市立芦屋高校の廃校4億500万円
  • ワンストップ・サービスの実施
  • 窓口業務等の時間延長
  • 市民参画・協働推進の指針策定

民間活力の導入(10年間で33億円削減)

  • 地区集会所運営の見直し 2億5,889万円
  • 霊園管理業務の民間委託 1,789万円
  • 都市整備公社の見直し 5億9,967万円
  • 文化振興財団の見直し 18億8,646万円
  • 体育施設運営の見直し 6億 428万円
  • 図書館分室の見直し 5,644万円
  • 美術博物館の見直し 1億8,961万円(増加)
  • 谷崎潤一郎記念館の見直し 8,688万円
  • 事務事業のアウトソーシング
  • 公共施設への民間活力の導入

積極的な財源確保(10年間で30億円削減)

  • 公有財産の有効活用 18億7,200万円
  • 各種減免制度の見直し 2億1,045万円
  • 職員から駐車場使用料徴収 4,860万円
  • 使用料・手数料の見直し 3,672万円
  • 廃棄物処理手数料の見直し 2億1,600万円
  • 幼稚園保育料等の見直し 4億916万円
  • 留守家庭児童会の有料化 2億466万円
  • 広報紙等に広告を掲載 4,086万円

説明責任

  • 情報提供指針の策定
  • ガイドマップの作成
  • 市長提出議案・審議会議事要旨のインターネット公開
  • 審議会等附属機関への市民公募、女性登用の推進
  • 行政評価システムの推進
  • 市民と市長「集会所トーク」の開催

職員の推移

この3年間で77人(9.6%)減少しています。
普通会計職員数

平成15年4月1日804人
平成18年4月1日727人

平成15年度から平成24年度までに普通会計職員数を200人(25%)削減することとしています。

施設の管理運営に民間活力を導入

現在35の施設で指定管理者(民間企業等)による管理運営を行なっています。
聖苑、地区集会所(12)、福祉会館、老人福祉会館、休日応急診療所、三条デイサービスセンター、自転車駐車場(8)、体育館・青少年センター、芦屋公園、東浜公園、西浜公園、芦屋中央公園、川西運動場、総合公園、朝日ヶ丘公園プール、海浜公園プール、谷崎潤一郎記念館

よりご理解いただくために

行政改革の情報は市ホームページ、市役所北館1階の行政情報コーナー、図書館、公民館図書室、ラポルテ市民サービスコーナーでもご覧になれます。

また、出前講座などの要請があれば、説明に伺います。

問い合わせ生涯学習課電話番号 38-2091

資料(印刷・ダウンロード用)

さらに詳しい内容は、下記のPDFファイルでご覧いただけます
クリックすると新しいウィンドウが開きます。

行政改革実施計画

行政改革実施計画(平成18年度~平成27年度) (PDF:75KB)(別ウィンドウが開きます)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画部マネジメント推進課 

電話番号:0797-38-2172

ファクス番号:0797-31-4841

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る