ホーム > くらし > 年金・保険 > 国民健康保険 > 東日本大震災により被害を受けられたかたの一部負担金を免除、保険料を減免します

ここから本文です。

更新日:2021年4月5日

東日本大震災により被害を受けられたかたの一部負担金を免除、保険料を減免します

東日本大震災により、芦屋市へ転入されたかたで、芦屋市国民健康保険に加入されているかたは、一部負担金を免除、国民健康保険料を減免できる場合があります。

一部負担金の免除

対象者

東日本大震災発生時に、東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う、国による帰還困難区域、上位所得層(※1)を除く旧避難指示区域等(※2)に住所を有していたかた

(※1)国民健康保険法施行令第29条の3第2項に規定する基準所得を合算した額が600万円を超える世帯

(※2)平成25年度以前に指定が解除された(a)旧緊急時避難準備区域等(特定避難勧奨地点を含む)、平成26年度に指定が解除された(b)旧避難指示解除準備区域等(田村市の一部、川内村の一部及び南相馬市の特定避難勧奨地点)、平成27年度に指定が解除された(c)旧避難指示解除準備区域(楢葉町の一部)、平成28年度及び平成29年4月1日に指定が解除された(d)旧居住制限区域等(葛尾村の一部、川内村の一部、南相馬市の一部、飯館村の一部、川俣町の一部、浪江町の一部及び富岡町の一部)、令和元年度に指定が解除された(e)旧帰還困難区域等(双葉町の一部、大熊町の一部及び富岡町の一部)の5つの区域等

免除の内容

医療機関での一部負担金が免除されます。

転入前住所と免除期間の関係

転入前住所

免除期間

帰還困難区域

令和4年2月28日まで

旧避難指示区域等<上位所得層以外>

令和4年2月28日まで

なお、次の場合の自己負担額の免除については、平成24年2月29日までで終了しています。

  • 入院時の食費、居住費
  • 被保険者証を医療機関等の窓口で提示できなかった場合
  • 柔道整復師、あん摩・マッサージ・指圧師、はり師、きゅう師による施術等

申請に必要なもの

免除を受けるためには免除証明書が必要です。

保険課に以下のものをお持ちいただき、一部負担金等の免除申請を行ってください。

  • 被保険者証(保険証)
  • 印鑑
  • 免除対象者である事実が確認できる書類

なお、住民票を異動せずに、芦屋市へ避難されているかたは、住民登録されている市町村での手続きとなります。詳しくは該当の市町村にお問い合わせください。

国民健康保険料の減免

対象者

東日本大震災発生時に、東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う、国による帰還困難区域、上位所得層を除く旧避難指示区域等に住所を有していたかた

減免の内容

令和3年度の芦屋市国民健康保険料を免除します。

転入前住所と免除期間の関係

転入前住所

免除期間

帰還困難区域

令和3年度に賦課された保険料の全期分

旧避難指示区域等

<上位所得層以外>

令和3年度に賦課された保険料の全期分

申請に必要なもの

減免を受けるためには、減免申請が必要です。

保険課に以下のものをお持ちいただき、減免申請を行ってください。

  • 被保険者証(保険証)
  • 印鑑
  • 減免対象者である事実が確認できる書類

なお、所得未申告のかたがいると減免できません。必ず所得の申告をしてください。

お問い合わせ

市民生活部保険課保険係

電話番号:0797-38-2035

ファクス番号:0797-38-2158

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る