ホーム > くらし > 年金・保険 > 国民健康保険 > 交通事故など第三者行為による傷病について

ここから本文です。

更新日:2021年10月5日

交通事故など第三者行為による傷病について

郵送での届け出をおすすめします

現在、新型コロナウイルス感染症の感染予防のため、郵送での届け出をおすすめしています。

郵送で届け出をしたい方は、お電話でご連絡ください。

 

交通事故や暴力行為など、第三者によるけがや病気(第三者行為)の治療費は、被害者に過失のない限り、加害者がその医療費を全額負担するのが原則です。

 

そのため、被保険者証を使用して治療を受けることはできません。

しかし、第三者行為による傷病届などの書類を届け出ることで、被保険者証を使用して治療を受けることができます。

被保険者証を使用すると医療費の一部負担額のみで治療を受けることができ、保険者負担額を芦屋市が立て替えて負担します。

その後、芦屋市が第三者に対して立て替えた治療費を請求します。

交通事故に遭ったら

交通事故に遭った場合、警察に事故(人身事故)の届出を行ってください。

交通事故に遭われた時は心身に問題がなくても後日治療が必要となる場合があります。

その場で示談を行わず、相手の氏名・住所・連絡先・加入している損害保険会社などを確認してください。

また、治療を受けた病院にも、傷病の原因が第三者によるものだと申し出をしてください。

届け出が必要なとき

次の場合で国民健康保険を使用した場合は、届け出が必要です。

  • 交通事故(自転車の事故でも届け出が必要です)に遭いけがをしたとき
  • 車やバイク等の自損事故で、同乗者としてけがをしたとき
  • 暴力行為を受けたとき
  • 他人のペットに噛まれたとき
  • その他、第三者によるけがや病気により国民健康保険を使用したとき

業務中や通勤中のけがは労災保険の給付対象のため、第三者行為による傷病届などの書類の提出は不要です。

提出に必要な書類

必要な書類は以下のとおりです。

  • 第三者行為による傷病届
  • 事故発生状況報告書
  • 同意書
  • 誓約書
  • 交通事故証明書(原本、もしくは損害保険会社等の原本証明された写し)
  • 人身事故証明書入手不能理由書(人身事故扱いの交通事故証明書が入手できない、または交通事故証明書に被害者の方のお名前がない場合)
  • 委任状兼同意書(福祉医療の助成を受けた場合)

郵送を希望される場合は、保険課保険係までご連絡ください。

書類は以下のリンクからダウンロードもできます。

「国民健康保険関係」(申請書のダウンロードページ)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

市民生活部保険課保険係

電話番号:0797-38-2035

ファクス番号:0797-38-2158

お問い合わせフォーム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウが開きます)

ページの先頭へ戻る